SONGWON

SONGWON Industrial Group、2019 年 第 2 四半期の決算を発表

  • 2 四半期の総売上:2,184 6,700 KRW
  • 純利益:128 2,600 KRW
  • 利益率:23.7%
  • EBITDA (%)15.0% / EBIT (%)10.8%

ウルサン・韓国 2019 8 14 SONGWON Industrial Group (www.songwon.com) は本日、2019 年第 2 四半期の決算を発表しました。当期、同グループの累計連結売上は 10.4% 増の 2,184 億 6,700 万 KRW となり、売上純利益率も 5.9% 増となりました。上半期の同グループの累計連結売上は 4,088 億 8,400 万 KRW となり、前年同期比で 5.3% 増となりました (2018 年上半期の累計連結売上は 3,883 億 1,300 万KRW)。

   

第 2 四半期

6 月までの累計

 

単位は百万 KRW

2019 年

2018

∆%

2019 年

2018

∆%

 
 

売上

218,467

197,841

10.4%

408,884

388,313

5.3%

 
 

売上総利益

51,860

35,766

45.0%

91,573

76,142

20.3%

 
 

売上総利益率

23.7%

18.1%

 

22.4%

19.6%

 

 
 

営業利益

23,274

11,447

103.3%

37,036

26,709

38.7%

 
 

EBITDA

32,799

20,691

58.5%

55,888

44,396

25.9%

 
 

EBITDA (%)

15.0%

10.5%

 

13.7%

11.4%

 

 
 

EBIT

23,540

12,341

90.7%

37,485

27,774

35.0%

 
 

EBIT (%)

10.8%

6.2%

 

9.2%

7.2%

 

 
 

当期純利益

12,826

8,179

56.8%

21,603

19,716

9.6%

 

 

昨年から続く業界全体での需要変動に加え、化学業界全体の最適とは言い難い市場の状況の影響もあり、予想に反し年始の滑り出しは低調であったものの、当期 SONGWON Industrial Group は堅調な業績を達成しました。当期全体を通して続いた不安定な世界経済と政治不安の煽りを受け、経済状況は依然として厳しかったものの、同グループの主力製品の販売数は目標を上回りました。例年第 2 四半期は堅調であるものの、インダストリアルケミカルズディヴィジョンとパフォーマンスケミカルズディヴィジョンの両方において、前年同期よりも全体的に根強い需要が認められました。

SONGWON が自社の製品ポートフォリオに対して実施した値上げが功を奏したことに加え、上半期を通して為替が有利に働いたことが相まって、収益は前年同期比で 5.3% 増となりました。当期、すべての製造施設が高い稼働率で順調に業績を上げたことが支えとなり、SONGWON は最適なコストポジションを確保しました。SONGWON は複数のサプライヤーを対象とした効率的な調達戦略を実施しているため、当期中に中国で生じた原料に関わる貿易摩擦や規制による影響も皆無でした。また、韓国ウルサンにある自社のテクニカルイノベーションセンターのイノベーションラボへの継続的な投資からプラスの影響が得られており、これまで以上に持続可能な業界向けソリューションの開発に関して特にその影響が顕著だったと SONGWON は公表しています。

SONGWON は、不安感が世界中に蔓延しているものの今後数ヶ月は需要と供給のバランスが当期と同様に安定して推移すると見込んでいます。また今後の目標として、引き続き主要市場の顧客との関係をさらに広げ、深めていくための取り組みに注力するとしています。加えて今後も自社が製品を供給している市場だけでなく、今後参入を検討している市場において、新たな機会を見出し、その機会を利益につながる製品へと変え、実績のある価格水準を維持し、供給シェアの拡大を目指すとしています。

SONGWON は、自社のテクノロジーイノベーションセンターへの継続的な投資と専門スタッフの増員が、自社事業全体の長期的な成長の起爆剤になるだけでなく、業界内で最も急成長している分野の顧客の複雑化するニーズを満たす高性能かつ持続可能なソリューションを開発する自社の能力を強化するものになると考えています。2019 年上半期の堅調な業績を土台に、SONGWON Industrial Group は業界基盤に支えられ、世界経済が依然として厳しい状態であることに警戒の姿勢を見せつつも、サイクル全体を通してグループのキャッシュフロー創出を改善する自社の戦略全体を進め、利害関係者に価値を提供することに注力すれば、下半期も業績目標を達成できると確信しています。

第 2 四半期のレポートは、以下のリンクよりダウンロードいただけます。https://www.songwon.com/investors/reports-publications

Reader Enquiries

Songwon Industrial Co., Ltd.
Walzmühlestrasse 48
8500 Frauenfeld
Switzerland
+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com
www.songwon.com

Notes for Editors

SONGWON Industrial社について

1965年に設立されたソンウォンは、韓国・蔚山(ウルサン)に本社を構える、添加剤および特殊化学製品の開発、生産、供給におけるリーディングカンパニーです。世界第二位のポリマー安定剤メーカーであるソンウォン・インダストリアル・グループは世界各国にグループ会社を展開し、世界的な事業基盤と容易にアクセス可能な各地域における事業組織の双方を保有するメリットをお客様に提供します。ソンウォンの専門チームは顧客との密接な連携によって、個々の要件を満たすテーラーメイドのソリューションを開発しています。

詳細については、ウェブサイトをご参照ください。www.songwon.com

Editorial enquiries

Giulia Boratto
SONGWON Industrial Group

+41 52 635 0000
marketing@​songwon.com

Kevin Noels
Marketing Solutions NV

+32 3 31 30 311
knoels@​marketing-solutions.com

 

Also available in

 

Share

 

More news from