Clariant

鮮やかな色彩を実現!生物由来成分を含有するマゼンタがFESPAにおいてデジタル印刷の世界を拡大

  • Ink Jet Magenta E-S VP6057がグラフィックに豊かな色調を与え、CMYKの色域を広げるとともに、デザイナーの要望に対応
  • 大判印刷やサイネージ、テキスタイル分野での高彩度化を実現可能に
  • 「FESPA 2019」ブースB4-M44に出展(5月14~17日、メッセミュンヘン)

ムッテンツ, 2019年5月14日 – 集中戦略を持った革新的なスペシャリティケミカル会社であるクラリアント社は、ダイナミックな変化を続ける特殊印刷業界に衝撃を与えています。またFESPA 2019では、参加者の方々に新たな発見をもたらします。当社が開発した画期的な生物由来の原料を使用したマゼンタ顔料は、最高の彩度を実現するとともに、屋内・屋外のグラフィック印刷に強いインパクトを与え、耐久性を高めることにより、鮮やかな色彩を備えたインクの新たな地平を切り開きます(ブース:B4-M44)。

デジタル印刷における技術の進歩により、スクリーン印刷や大判印刷、サイネージ、テキスタイル捺染に対する新たな基盤が構築され、市場が開拓されています。デザイナーやマーケティング担当者は、人々の注目を確実に集め、2019年のエフェクトのトレンドを捉えるビジュアルを目指し、CMYKの限界を超える領域にまで色域を拡大し、力強い色彩を正確に再現することが可能な高純度インクを求めています。一方、印刷物を購入する人々はターンアラウンドの短縮と高品質の出力を求めています。そのため、機器製造業者や印刷サービス業者は装置の効率性と速度を高め、ランニングコストを抑えることが可能なインクを追求しています。

クラリアントの最新のキナクリドン系顔料「Ink Jet Magenta E-S VP6057」は、インク製造業者がその目標達成に向けて推進するための力を秘めていることが明らかになっています。このバイオコハク酸を主成分とする青味マゼンタ顔料に対してお客様から早くも寄せられたフィードバックからは、この顔料がインクの安定性を損なうことなく、UV系や溶媒系、水性プロセスインクの彩度を大幅に高めることが確認されています。また耐光性や耐候性にも優れていることから、多種多様な用途で使用することが可能です。さらに鮮やかな色調に加え、分散性に優れ、流動性や粘性も十分に安定していることから、色の濃度や明るさにむらの無い、効率性の高いインクジェットインキを開発することができます。これらは、人の注目を集めるグラフィックを作成する上で重要な要素となります。

「Ink Jet Magenta E-S VP6057」は、デジタルグラフィック用途向けのカラーパレットを拡大するものとして、持続可能性に優れたキナクリドン系マゼンタ顔料製品群に最近追加された製品です。この顔料はバイオコハク酸を用いて開発されていることから、インク業界内における規制コンプライアンスにも対応しており、スイス条例AやEuropean Resolution AP(89)1に適合するとともに、Recommendation BfR IXの重金属基準にも準拠しています。

クラリアント顔料ビジネスユニットグローバルテクニカルマーケティング NIP &カラーフィルター部門長ルディガー・バウア(Rüdiger Baur)は「クラリアントがキナクリドン系マゼンタ顔料に導入したイノベーションは、色域をさらに拡大することにより、デジタル印刷の創造的な可能性を広げ、インクジェット業界をサポートします。当社の新たな「Magenta E-S」顔料を標準的なCMYKセットに取り入れれば、それを実現することができます。同業界が飛躍的な成長を続けるなか、インクジェットインクをご利用のお客様に新たなソリューションをお届けできることは、当社にとって大変喜ばしいことであり、光栄でもあります。この新たなソリューションは、あらゆる用途における印刷物のビジュアルのインパクトを強化する効果を発揮します」と語っています。

「Ink Jet Magenta E-S VP6057」とデジタル印刷に対するクラリアントのサポートの拡大については、「FESPA 2019」ブースB4-M44(5月14~17日、ミュンヘン)にて詳しくご説明します。是非お立ち寄りください。

Reader Enquiries

Clariant International Ltd
Rothausstrasse 61
4132 Muttenz 1
Switzerland
+41 61 469 6742
www.clariant.com
@clariant
clariant
ClariantInternational
clariant_international

Notes for Editors

www.clariant.com

Clariant is a focused and innovative specialty chemical company, based in Muttenz near Basel/Switzerland. On 31 December 2018 the company employed a total workforce of 17 901. In the financial year 2018, Clariant recorded sales of CHF 6.623 billion for its continuing businesses. The company reports in four business areas: Care Chemicals, Catalysis, Natural Resources, and Plastics & Coatings. Clariant’s corporate strategy is based on five pillars: focus on innovation and R&D, add value with sustainability, reposition portfolio, intensify growth, and increase profitability.

www.clariant.com/pigments

Clariant’s Business Unit Pigments is a leading global provider of organic pigments, pigment preparations and dyes. The vastly diverse portfolio corresponds to the high standards for colors and coatings in industrial, automotive and architectural applications. The business unit also provides solutions for the plastics industry, for special applications in the aluminum, agricultural and consumer goods sector, as well as for traditional printing processes, inkjet printing and toner applications. The Pigments business unit continues to bring new and innovative materials to the market, with a strong emphasis on environmental aspects and sustainability. Employing over 2000 people across the globe, the Business Unit Pigments is part of Clariant’s Business Area Plastics and Coatings.

Related images

屋内・屋外向け画像印刷用グラフィックデザイン. 
(写真:クラリアント)

 

 

Editorial enquiries

Stefanie NehlsenStefanie Nehlsen
Clariant International Ltd

+41 61 469 63 63
stefanie.nehlsen@​clariant.com

Caroline SchmidCaroline Schmid
Clariant International Ltd

+41 61 469 63 63
caroline.schmid@​clariant.com

Siria NielsenSiria Nielsen
EMG

+31 164 317 036
snielsen@​emg-marcom.com
@siriajonna

 

Also available in

 

Share

 

More news from